製品ラインナップ

植栽地見切り材

植栽の土留め・見切り材にはコンクリートやブロック積み、レンガ積みなどの湿式工法とパネルなどの乾式工法があります。防水層の改修時の撤去、再利用などを考えると、乾式工法が好ましいといえます。湿式工法は、コンクリートやブロック積みにタイルや石張りの仕上げをするか、化粧ブロック積みまたはレンガ積みがあり、いろいろなデザインが可能です。一方、乾式工法は、GRC(ガラス繊維入り強化セメント)のものや、発泡樹脂を使用したもの、アルミ製のもの、さらには枕木によるものなどがあります。これらは移動や撤去が容易で、補修性や施工性などに優れています。

種類 工法 分類/名称
湿式 コンクリート土留め(型枠)
コンクリートブロック
レンガ積み
建築工事
乾式 GRC
発泡樹脂
アルミ
枕木
メッシュ
TLC
フェザーストーンウォール
MGミキーリ
枕木
ディアプランターL型

MGミキーリ

MGミキーリ施工写真

屋上薄層緑化用の簡易な見切り材で土壌の流出を防止。アルミ製で軽量・簡易な施工性。マジカルグリーンとの併用に最適です。MGミキーリ

 

TLCパネル

TLCパネル施工イメージ

GRC(ガラス繊維入り強化セメント)をパネル化した見切り材。スペースや環境に合わせた自由発想のデザイン展開が可能です。TLCパネル

 

ディアプランターL型

ディアプランターL型施工写真

溶接金網による軽量メッシュプランターで、側面部を緑化することで立体緑化が可能です。緑地帯の薄層土留に最適です。ディアプランターL型