施工例

TRI-SEVEN_ROPPONGI

TRI-SEVEN_ROPPONGI

平成29年12月4日、公益財団法人 都市緑化機構 主催の「第16回 屋上・壁面緑化技術コンクール」において、当社を含めた5社が『環境大臣賞』を共同受賞いたしました。
本作品は、オフィス建設工事と江戸期から続く神社の建替えを共同で行った開発事業において、隣地建物に隣接する計画建物の東面に行った壁面緑化です。ランドスケープ計画は、立地特性をふまえ、それぞれの街の様相に見合った外部空間と緑によって、多面的な街をつなぐことをテーマとしました。

賞状・盾

     受賞部門:壁面・特殊緑化部門
     受賞作品:TRI-SEVEN ROPPONGI 壁面緑化(所在:東京都港区六本木)
     受賞者 :日本地工株式会社、ペンブローク・リアルエステート・ジャパン・エルエルシー、
                   株式会社愛植物設計事務所、株式会社竹中工務店、トヨタルーフガーデン株式会社

自然な緑をつくるための入念な準備

「単にみどりで覆うのではなく、多彩な植物が組み合わさった自然な緑にしたい」という事業者の強い要望をふまえた導入種の検討、整備の約1年半前からの『モックアップ』の設置とモニタリングにより、健全な生育が確認できた7種に厳選して、圃場での事前生産を開始しました。冬期を含み約6か月間設置して、植物の活着だけではなく、伸長の特性なども把握することができました。

モックアップ比較写真

至近距離での目視点検

緑化面の大部分が北面環境下になるため、外壁清掃用の「ゴンドラ」を設置し、植生管理の至近目視点検を実施しています。

高所での作業
 

定期的な協働巡回

各関係者との打ち合わせ

「植物の状態に合わせた順応的な管理」を行うために竣工直後から事業者・植栽設計者・管理者の3者で定期的に巡回し、その時々の植物の状態に応じた管理内容へと調整しています。