防根シート

防水層と建築物を植物の根から守る目的で防根(耐根)を行い、一般的には防根シート(耐根シート)を敷設します。緑化する樹種や建築物の仕上げにより防根シートの種類を使い分けます。耐根シートには、防水層と同時に施工する防水一体型のものと、防水施工後、防水層または押えコンクリートなどへ自着層のついた耐根シートを接着する固定タイプのものがあります。施工にあたっては、緩みやたわみ、浮き(気泡)などを起こさせないよう細心の注意を払います。また、重なりしろは十分にとり、専用のルートガードテープを使い圧着させます。立ち上がり部の施工は緑化仕上がり面より150o以上立ち上げます。平面の場合は緑化端部より200o程度貼りつけます。

防根材と防水材の相性については、防水工事を行う工事会社と別途協議が必要となります。

ルートガードD

ルートガードD

ルートガードテープ、プライマーが別途必要となります。

規格寸法 1m × 16m巻
厚 さ 1.0m
防根グレード
露出防水上の使用
固定方法 自着式
 

エコムガード

エコムガード

ルートガードテープ、プライマーが別途必要となります。

規格寸法 1m × 17m巻
厚 さ 0.6mm
防根グレード AA
露出防水上の使用
固定方法 自着式
 

NCKフィルム

NCKフィルム

接着テープが別途必要となります。

規格寸法 2m × 25m巻
厚 さ 0.3mm
防根グレード
露出防水上の使用 不可
固定方法 接着テープ式