コンクリートジュポール(CJ)

コンクリートジュポール(CJ)

特徴

人工地盤上の狭小地や軽量土壌で強度がでない場合に対応できる躯体アンカー式地下支柱です。
根鉢の側面下に躯体アンカーを打ち、それを利用して根鉢をフォールドします。ラチェットレンチ1本で組み立て可能ですから、施工も容易です。

規格 目安樹高(m) コンクリートアンカー本数(本) 参考歩掛(人工)
CJ-0 〜3.0 3本 0.15
CJ-1 〜6.0 4本 0.2
CJ-2 〜8.0 6本 0.3
CJ-3 〜9.0 8本 0.4
CJ-4 〜12.0 10本 0.55
CJ-5 〜14.0 12本 0.65

※躯体アンカーは製品に含まれていません。
※上記規格表は目安ですので、詳細についてはご相談ください。

CJ-0の施工手順

※アンカーの種類はオールアンカー、鉄筋棒、アングル等。図は鉄筋棒を躯体埋設した場合。

JP - 1 〜 4L JP - 1 〜 4L

CJ-1.2.3.4.5の施工手順

※図はCJ-2の場合
※アンカーの種類はオールアンカー、鉄筋棒、アングル等。図は鉄筋棒を躯体埋設した場合。

JP - 6 〜 18JP - 6 〜 18